自律神経失調症特有の各症状をわかりやすく紹介しています。症状によって色々な病気が見られますが、自律神経失調症についての各症状の対処法なども紹介していけたらと思います。

スポンサードリンク

自律神経失調症の症状を頭と目と耳を中心に解説します。

自律神経失調症の症状を頭と目と耳を中心に解説します。

自律神経失調症の中でも特に多い症状が、頭痛、頭重感、頭がモヤモヤするといった症状です。検査をしても器官に異常が見られいときは、偏頭痛や緊張性頭痛です。これらが起きる原因を詳しく解説していくと、ストレスなどによって交感神経の緊張がつづき、抹消血管が収縮して血行不良を起こしてしまいます。脳に浮腫(むくみ)が起きて血管が拡張した時に起きる、ズキッとした感覚で吐き気を伴うのが、偏頭痛です。重苦しく締め付けられるような頭痛や、くびや肩のこりを伴う症状が緊張性頭痛といえます。この場合に多くの人が、頭痛薬を服用されると思います。自律神経失調症が原因として起きていますので、自律訓練法やヨガ、アロマテラピー、気功などの治療法を実践し、副作用なく、リラックスできるようにしていく方法が一番よいと思われます。

自律神経失調症の各器官の症状 目と耳

自律神経失調症の症状の中がさらにストレスを与え、自律神経失調症をひどくさせる。このような悪循環はよく見られるものです。僕の場合は、目に関する症状でした。目が疲れる、痛い、目が乾くなどの症状が現れます。交感神経が緊張して血液の流れが妨げられるために起こる現象です。逆に、副交感神経が優位になってくると、涙腺の活動が盛んになり、涙目になります。人間のバランスというものは精緻にできているものであり、崩れると本当に大変な症状になることがよくわかりました。耳に関する症状は僕の場合は、経験しませんでしたが、たくさんの人がこの症状で悩んでおられます。耳は病気でもないのに、ザーやピーといった音がずっと耳の奥でなっている感覚がずっと取れずに、ストレスが非常にかかってしまいます。耳鳴り以外の症状では、耳が詰まったような感じになってしまい、気分がスッキリしない感覚に襲われる場合もあります。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ